退職願(辞表)は

退職の意思を伝える際に、退職願(辞表)を出します。

しかし、意外に書き方に困る方もいるのでは?

そういう方は、こちらのサイトを参考にして下さい。

▽リクナビNEXT▽
退職願(辞表)の書き方」


当然ですが、自己都合という事で、退職の理由まで
色々と書く必要はないようです。

とは言え、色々としつこく理由を訊いてくるという、
古い体質の会社が、日本ではまだまだ主流派。

それなりの退職理由(後で困らないようなもの)も
退職願(辞表)とは別に、一応、考えておきましょうね。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

円満退社をするために守る事

ちょっと面白いレポートがあったので、ご紹介しますね。


あなたは仕事の正しいやめ方知ってますか?

実際の体験から筆者が身につけた、円満退社の極意!

▽オススメ無料レポート▽
【「キレイに辞めるコツ」デキる人は去り際もバッチリ
決める!〜円満退社をするための6つの守ること〜】


転職を考えている方は、一度目を通しておかれても
損ではないと思いますよ〜。


円満退社で、スッキリ転職しましょう♪


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ


※無料レポートを読むには無料ソフトAcrobat Readerが必要です

※無料レポートは、Yahoo!などのフリーメールで申し込めます

退職のスケジュール見本

退職の際の、一般的なスケジュールを書いておきます。

今の会社の状況や人間関係、勤務状況などを考えて、
上手く参考にして下さいね。


【退職スケジュール見本】

1−退職1ヶ月前
  ・直属上司へ退職の意志表示
  ・具体的な退職日の相談、設定

2−3週間前
  ・退職願提出(「一身上の都合で」で十分です)
  ・業務引継ぎの開始

3−1週間前
  ・引継ぎ事項で見落としが無いか再チェック!

4−前日
  ・机まわりの整理/翌日困らないように、3〜4の間に
   私物は持って帰るようにしましょう

5−退職日
  ・挨拶周り/人数にもよりますが、菓子折りなんかを
   置いて行くのも良いでしょう


「辞める会社なんて知らない!」と思わずに、出来るだけ
立つ鳥跡を濁さず”の精神で行きましょう。

いつ、転職先でかかわる事になるか分かりませんしね^^;


このスケジュールは常識的、という面から作られています。

会社が退職を引き延ばそうとするケースもありますからね。

そうした場合は、会社の拘束が不当ですので、
「○月△日に退職します」と意思を明確に告げて、
退職しても法的には問題ありません。

よくある14日前に退職の意思を告げて・・・というのは、

「退職の意思を明確にしてから14日で退職が成立する」

という意味のものです。
拘束14日間の法的義務、などという意味ではありません。


揉め事は避けたい所ですが、理不尽な対応には
毅然とした態度で臨みましょう。



でもいきなり休んで音信不通で辞める、なんて事はしないように。
(どこにでも一人は居る無法者


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

退職の意思を伝える

退職の意思は、

1.いつ?
2.どうやって?

伝えるのかが、大事になってきます。


まず、1番目の「いつ」ですが。

これは、性格にもよりますが、基本は転職先が
正式に決定してから、が良いと思います。

退職が決まったのに、仕事が決まっていないと
かなり気分的に、追い詰められてしまうので・・・。

経済的に余裕があれば、スパッ!といつでも
退職の意思を明確にしてOKですが^^;


2番目の「どうやって」。

これは、やはり上司の手が空いてる時を見計らって、
「お話があるのですが・・・」と切り出すと良いでしょう。

もうすぐお昼休み、あるいは退社、という時間帯なら、
そのままスムーズに話を聞いてもらえたりします。

忙しい時間や、トラブルのあった直後などは避けましょうね。

やっぱり、いきなり退職の意思を伝えられて、
歓迎する人は多くはありませんからねぇ。



でも普段から怖いポジションだと、歓迎されます。
気をつけましょう。(上司は意外にビクビクなのさ


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

退職は「立つ鳥跡を濁さず」で

職場に不満があると、いつもは

「辞める時は、引継ぎも何もしないで辞めてやる!
 会社が困っても、私にはもう関係ないもんね!」

・・・なんて言ったりしちゃいますが、退職の際は、
やはり「立つ鳥跡を濁さず」の精神で行きましょう。

まあ実際には、「辞める」と決まると気分も解放されて、

「最後ぐらいは協力してあげないとね」

なんて笑顔で思ったりしてしまうものですが(笑


スムーズに退職し、そして次の職場へ移れるように、
退職の際の注意点なども紹介して行こうと思います。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。