職務経歴書を使えばアピール出来るポイント

「職務経歴書でアピールしようにも、書く事が無くて・・・」

でも、あなたも転職を考えるという事は、
今までに会社に勤務した経験があるんですよね。

そして、会社に入る前に、アルバイトの
経験があるという方も少なくないでしょう。

更に、学生時代を皆さん、過しているはずです。

そう、職務経歴書でアピールするのは、
何も職歴だけではないのです


例えば、アルバイト。

・スケジュール管理を学んだ
・接客で相手の立場でものを考える姿勢を身に着けた
・無遅刻・無欠勤で2年間働き通した


例えば、学生時代。

・部活で先輩を敬う事と、チームワークの大切さを学んだ
・体育祭で実行委員を務め、リーダーシップが身に着いた
・挨拶と礼儀の大切さを学んだ


こんな風に、何かしらアピール出来るポイントがあるはずです。
まして、職歴があればなおさらの事。

きっとあなたも、書く事・書くべき事が沢山あります。

じっくり考えてみましょう。


「マイペースが信条で、授業を毎日サボった」とか書いちゃダメ。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

自己PRのための職務経歴書

書き方は自由とは言え、職務経歴書にもポイントがあります。

転職が上手く運ぶように、しっかり押さえておきましょう。


履歴書とサイズを合わせる
パソコンやワープロで作成する
職歴ごとに書く
成果を上げた数字は具体的に
具体的な数字以外でも、身につけたスキルをアピール
A4サイズで1〜2枚に収める
部署名・役職・部下の人数を書く
表彰された事などあれば、それも書く
スキルや成果が無ければ、自己PR欄で学んだ事を書く


特に、職務経験が浅い場合、スキルなどがあまり書けません。
そういう場合は、最後の自己PR欄で、仕事や仕事以外に
培った、自分の長所を積極的に書いておきましょう。


営業職で「一人暮らしで料理が上手になりました」とか
そんな事まで書かないように。(書きませんって


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

職務経歴書のメリット

転職に欠かせないのが、「職務経歴書」。

履歴書を書いている途中で、

「この部署で、営業成績が半年トップだったのにな〜
 履歴書に、そんな事は書けないよね」

なんて、まあ凄い成績でなくても、ちょっと
「ここはアピールしたい!」なんてポイント、ありませんか?

そう、職務経歴書では、あなたのそういう、
「具体的な成果」「アピールポイント」を
どんどん書いてしまう事で、より高い評価を
得よう!というものです。


職務経歴書のメリットは、

・目に見える成果でなくとも、アピール出来る
 例えば、一部署のリーダー的ポジションにいた、とか

・学んだ経験や身に着けたスキルを書ける
 管理能力などをアピール出来ます

・具体的な数字(**件の契約を得た、など)を出せる
 数字に表す方が、能力があると伝えやすいです

・履歴書だけの人に差をつけられる
 職務経歴書を書くだけで、プラス評価を得られます


履歴書と違い、書き方などは自由です。

出来ればパソコンのWORD機能などで、
しっかりとした経歴書を作成しましょう。
(パソコンが使える、というアピールにもなります)


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。