採用される履歴書・職務経歴書の実例

求人サイトで例を探しても、やっぱり履歴書は難しい。
職務経歴書なんか、どう書けば採用されるか分からない。

そんな方には、やっぱり超・具体的な例がある方が、
スムーズに作業が進められると思います。

▽オススメ書籍▽
採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>」
(小島美津子/日本実業出版社)
採用される履歴書・職務経歴書はこう書く<実例付き>


「これまでは履歴書に何をかいてよいのか思い浮かばなかった。
 この本には履歴書の書式から自己PR文の書き方、
 そして職務経歴書まで網羅してある。
 実例も写真つきで紹介。」(購入者の声より)


この本では、見落としがちな点から油断している点まで、
採用される履歴書・職務経歴書」というタイトル通り、
そうした面まで細かくポイントが押さえられています。

やはり、まずは面接に辿り着かないと、転職もままなりません。

まずは第一関門の書類審査を通るために、採用される履歴書を
意識して作成するのは、とても大事ではないでしょうか。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

資格取得の意思を履歴書に書き込む

「資格を持っていないから、履歴書に空白が多くなっちゃう」

なんて事が、たまにあります。

資格を所有していても、

職種と関係ないのでは?とか、
一件しか持っていないし・・・とか、

ちょっと悩むところではあります。


こういう場合は、職種に合う資格を調べましょう

そして、出来る範囲で勉強を始めるのです。


「慌てて勉強しても、面接に間に合わないよ」


違うんです。

資格の欄に、こう書くのです。


「現在**2級という資格取得を目指して勉強しています」


この職種で頑張るんです!という熱意が、伝わるんですね。

空白にしておくと、「何もやってないのか」で終わりますが、
頑張っている、という姿勢をアピールするのも大事です。

でも、ちゃんと勉強しないと、面接で訊かれる事が
ありますからね、「どんな勉強ですか?」とか。

書き込む以上は、本気で資格取得に取り組みましょう。

もしその会社に落ちても、資格取得は出来ますしね♪

資格を真剣に勉強する機会です。
ためらわずに、どんどん履歴書に書き込みましょう。


▽無料一括資料請求受付中▽
資格取得やスキルアップ、キャリアアップに!自分に合った資格を探せる[スクールジョブ]


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

履歴書は真剣に清書しましょう

大きなサイズでコピーを取って、履歴書を目立たせる。

「でも最初から、大きいサイズを買えば良いんじゃない?」

でも、書き損じて沢山の履歴書をムダに。
そんな経験は、ありませんか?

何故か学歴で、高校卒業の欄を飛ばしたりとか^^;

そう、コピーはなるべく、沢山取っておくんです。

そうすれば、何枚も書き損じても、慌てて
新しいものを買いに行く必要が無くなります。


・履歴書は、白紙でコピーし必ず手書きする
・書き損じたら、面倒でも新しく書き直す
・修正液で誤魔化さない
・姿勢を正しくして、机の上で集中して書く


書き損じたら、ついつい二重線で消すか、修正液で
書き直すかしたくなりますが、止めた方が良いです。

まあ何で修正液が駄目なのか、良く分かりませんが(笑

最後の最後で一文字でも間違えたら、それを破り捨てたりせずに、
修正液などで正しい表記に直して、それからそれを見本に、
新しく書いていけば間違いも減ります。

最初から、下書き見本用として鉛筆で記入したものを
用意して、それを見ながら書いても良いでしょうね。

字には人柄も出ます。ゆっくり、丁寧に、真剣に。

ぜひとも手書きで書き上げましょうね。



でも他人の履歴書の良い表現は、どんどんコピーしましょう。

>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

履歴書を目立たせるには

面接より先に、履歴書での書類審査のある会社に
応募するのであれば、担当の方の目を惹く工夫が要ります。

証明写真はカラーを準備する
  「写真写りに自信が無い」と言って、たまに白黒で
  写る方がいますが、あまり印象が良くありません。
  カラーで目をパッチリさせたものを使いましょう。

履歴書は大きい物を使う
  通常はB4サイズが売られていると思います。(→B4
  拡大コピーしてでも、A3サイズの履歴書を用意しましょう。
  (A3はこのサイズです)

職務経歴書を同封する
  簡単に言えば、履歴書には略歴、職務経歴書には
  細かいスキルや部署などを書き込みます。今では
  職務経歴書が無いだけで審査落ちなんて事も。

特にサイズを変える、というのは意外にやっていない
方も多いので、ぜひとも活用しましょうね。

その他、具体的なポイントは(企業がどこを見るか?など)
Job-Link!という求人検索サイトのWEB履歴書コーチという、
左サイドバーの項目で詳しく解説されています。


履歴書よりも、目鼻立ちが目立たない地味顔ですがね、ええ。
(お前の話はどうでもいい

>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

履歴書なんてどう書くの?

履歴書って、どこまで書けば良いの?」

転職を決意して、いざ履歴書を書こう!とすると
意外に「うーん・・・?」と考え込んでしまうものです。

・求人誌の履歴書で大丈夫なの?
・写真は、カラー?白黒?
・前の職場の前に、2ヶ月バイトしてたんだけど・・・
 どこまで書けば良いの?
・資格なんて無いけど、空白で良いのかな?
・自己アピールなんて、どう書けば良いんだろう?

ちょっと思いつくだけでも、こんなにあります。

それに、実は履歴書は些細だけれども
ちょっとした一工夫、なんてポイントも
色々とあるんですね。

これから少しずつ解説していきますので、
少しでも参考になると嬉しく思います。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。