リストラ反動:人手不足で辞められず 組合に相談増える

どうも、リストラを免れた人達が、
今は困った状況に置かれているようです。

「リストラ反動:人手不足で辞められず 組合に相談増える」
(2006/6/14:msnニュース

つまり、リストラを免れた分、人員減=仕事・負担増。

で、さらに経営の締め付けで給料は上がらないのに、
仕事の負担は増えるばかりで、おまけに辞める事も
ままならない、という・・・。


次の職が決まってないのに辞めてしまうと、
せっかくリストラを回避して安定していた生活が
失われるかも知れない。

かつ、

いざ辞めようにも、会社が認めてくれない。


本当は、正式に辞める意志を退職願なりで示せば、
辞める事は可能なんですけどね。

法律的にも、契約の上でプロジェクトでも参加してなければ、
会社の「辞めるなら賠償金を」などというのは不当です。

脅迫ですよね、これ。


仕事が決まれば、バシッ!と「辞めます!」と
強気に出られるんでしょうけどねぇ・・・難しいところです。


体のためにも、心のためにも。

今、頑張ってより良い環境を見つけましょう!


と、自分に言い聞かせる今日この頃なのです。

▽無料プレゼント中▽
『「マーフィー・ゴールデン・プログラム」の無料ガイドブック


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

30代女性の労働力率低いと現状を指摘−男女共同参画白書

「[男女共同参画白書]30代女性の労働力率低いと現状を指摘」
(2006/6/9:livedoorニュース=毎日新聞)

30代女性は特に、結婚や出産、子育てが大きく影響します。

そのため、労働力率(=職に就いている人の割合)が
他の年代よりも低く、就職を希望してはいても求職を
諦めている人の割合が高い、という現状認識のようです。

まあ、今さら言うまでもないな、という感じですけどねぇ。

ただ、政府が結婚や出産後も、女性が就職・転職などに
挑戦しやすい社会作りを目指すというのは、良い点だと
思います。


やっぱり、いまだに女性は派遣で、男性は正社員で、なんて
公言するような会社も少なくありませんからね。

男性社員だからと言って、有能でない方も多いですし。


ちなみに、女性の労働力率は以下の通り。

 30〜34歳・・・62.7%
 35〜39歳・・・63.1%
 ※20代、40代は70%超

逆に、就業希望率は、30代女性の方が高いようです。

 30〜34歳・・・13.2%
 35〜39歳・・・13.1%
 ※20代、40代は10%未満


やはり希望する人を採用する、というのが
企業にとってもベストだと思うんですけどねぇ。

駐車違反のように、こういう点も厳しく行政指導して欲しいものです。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

オフィスに机が無いなんて・・・「新しいオフィスの形 盛況のレンタルオフィス」

社員の机がない、フリーアドレスの弊害
(2006:新しいオフィスの形 盛況のレンタルオフィスより)

最近は、経費削減の一環として社員にフリーアドレスを持たせて
机も空いている席を利用させる、なんて企業が増えているそうです。


これ、記事でも触れられていますが、机が無いと辛いですよね〜。

正直、私はそれだけで辞めた会社があります(笑

だって資料の整理も出来ないし、私物も置けないし、
仕事にならないでストレスばかり溜まるんですよ。

結局、お局さんみたいな女性が「あっち行けそこどいて」とか
こちらが忙しいとか関係なく、どかされちゃうワケです。


机ぐらい、用意しないとアルバイトでも辛いですよ。


腰を落ち着けて、仕事したいですもんね。
自分の居場所が無い、なんて感じにもなりますし。

転職の時は、企業規模やオフィスの場所・広さなんかも、
出来る限り考慮に入れた方が、長続きするかも知れませんね。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

起業する人が増えている?−転職以上を目指す女性たち

今年の春頃の記事なんですけどね。

▽asahi.com▽
仕事邁進女がモテる「仕事前向き」が幸せへの近道
(AERA:2006/3/20号)


最近は、インターネットの普及もあり、女性でなくとも
自分で起業される方が増えているようです。

確かにリスクはあるかも知れませんが、

・好きな仕事が出来る
・自己成長せざるを得ない環境
・人間関係が大きく変わる

などなど、自力起業にもメリットが多いようです。


「普通に働いていると10〜20年ぐらいかかるものを、
 この1年で得ているような感覚がある」


転職先に自分を合わせるよう努力するのではなく、
自分に合う仕事を自分で生み出す。

それが可能な時代が来ている、という事でしょうね。


起業でなくとも、仕事をバリバリ充実させれば
女性としての魅力もUPしまくる!


・・・かも知れないですよ♪


転職・起業、成功させましょう!


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

ライフスタイルとしての転職

転職という選択肢を、もっと広い目で見てみましょう。

普通は転職を考える時は、

・職場での不満や人間関係の悩み
・職種が合わない

こうしたケースが一番多いように思われます。

しかし、男女にかかわらず、ライフスタイルの変化、
つまり結婚や妊娠・出産に応じて転職を考えるというのも
積極的に行っていくと良いのではないでしょうか。


▽毎日キャリアナビ▽
今の会社でいつまで働く?働ける?

こちらの記事でも、こうしたアドバイスがされています。

・仕事内容や雇用形態はさまざまです。
 子供が生まれたら、その時に、「今だからこそできること」
 「今しかできないこと」を自分なりに考え、シフトしてみる
 のもいいのでしょうね。
 自分だけのオリジナルのキャリアプランとライフプランを
 うまく組み合わせながら」(藤井佐和子さん)


終身雇用というシステムが崩れた今。

女性も男性も、もっとライフスタイルとしての転職、
という選択肢を考えても良いのではないでしょうか。



でも転職しまくりなライフスタイルは避けたい今日この頃。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

派遣システムも活用する

転職しようにも、時期によっては希望職種の募集が
なかなか見つからなかったりします。

ところが派遣という形では、募集をかけていたりするんですね。


派遣は、身分が不安定だし正規雇用じゃないから・・・」


確かにそうですが、企業が派遣を使うのは、

・研修期間として
・人件費を抑える
・社員候補を現場レベルで試せる

こうしたメリットがあるからです。

特に紹介予定派遣であれば、一定期間を経て
正式に社員としての入社が可能です。

もちろん、それにはあなたが戦力として
存分に力を発揮しなければいけませんけどね。

ただ少なくとも、

「使ってくれれば出来るのに・・・!」

という悔しい思いは軽減されます。


求人検索をする際は、「派遣」欄にも目を通しておく方が、
ずっとチャンスが広がりますよ〜。


派遣カフェ.com


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

企業訪問も大変になるでしょうか−駐車違反の民間委託スタート

カップルの路チュウも禁止しろ、と書く人も続出しそうなこの話題。

「駐車違反の民間委託スタート 改正道路交通法施行で」
(2006/6/1:livedoorニュース

企業訪問していると、時に会社のハシゴ、なんて事もあります。

言うまでもありませんが、ちょっとした面接程度でも
待機、面接、雑談その他で1時間から2時間かかるもんです。

転職候補の企業訪問の際には、十分に気をつけましょうね。


しかしまぁ、車持ちの方には、大打撃なこの方針。
きっと今後は、路上バトルが増えていく事でしょう。

駐車場が無いとは言え、基本的に路駐は、良くないですからね。

法の欠点や不備はあれども、改善すれば良いんですからね、そんなもん。
やはり、基本方針姿勢方向としては正しいのではないか、と。

偽者対策とか、どうするんでしょうねしかし。

違反を免れようと金品を渡すと贈収賄が成立

このへん知らないと、偽者に騙されてその場で「罰金」とか
徴収される人が出て来ると思うんですけどね。いやはや。



こっそり休憩中の、イネムリ路駐営業マンはOKなのかそうなのか。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

「退職」と言う名のリストラ

私は、一昨年、長年勤めていた会社を退職しました。

ほとんど、リストラのような退職でしたけどね^^;

会社の経営が数年で急速に悪化し、
事業所の縮小・合併が進んでいた折です。

「この支店もいつか・・・」

と思いつつ、仕事に励む毎日でした。


結果、支店の閉鎖が決定し、退職

再就職活動では、かなり苦労しました。

少しぐらい、資格の勉強とかしておくべきだったな、とか。
もっと転職のイロハを学んで応募するべきだったな、とか。

それぐらい、仕事の経験以外は「ど素人」だったんですね。

経験や能力に自信はありました。

でも、目に見える「**何級」、とかでないと
そういうのを評価してくれないんですね^^;


転職を考えている、あなた。

焦る理由が無いのであれば、新しい技能を身に着けて、
それから動く・・・という考え方も、必要かも知れません。

まあ、個人的な経験ですけどね。


あなたの辛い思いは、分かります。
私も、「辞めてやる!」と何度口にしたか・・・。

でも、

どうせなら「より良い環境」を得られる自分。

それがイメージしやすい自分を、創りあげていきましょう!

きっと、大丈夫ですよ。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。