30代女性の労働力率低いと現状を指摘−男女共同参画白書

「[男女共同参画白書]30代女性の労働力率低いと現状を指摘」
(2006/6/9:livedoorニュース=毎日新聞)

30代女性は特に、結婚や出産、子育てが大きく影響します。

そのため、労働力率(=職に就いている人の割合)が
他の年代よりも低く、就職を希望してはいても求職を
諦めている人の割合が高い、という現状認識のようです。

まあ、今さら言うまでもないな、という感じですけどねぇ。

ただ、政府が結婚や出産後も、女性が就職・転職などに
挑戦しやすい社会作りを目指すというのは、良い点だと
思います。


やっぱり、いまだに女性は派遣で、男性は正社員で、なんて
公言するような会社も少なくありませんからね。

男性社員だからと言って、有能でない方も多いですし。


ちなみに、女性の労働力率は以下の通り。

 30〜34歳・・・62.7%
 35〜39歳・・・63.1%
 ※20代、40代は70%超

逆に、就業希望率は、30代女性の方が高いようです。

 30〜34歳・・・13.2%
 35〜39歳・・・13.1%
 ※20代、40代は10%未満


やはり希望する人を採用する、というのが
企業にとってもベストだと思うんですけどねぇ。

駐車違反のように、こういう点も厳しく行政指導して欲しいものです。


>>ブログランキング参加中<<応援クリックお願いします♪

>>【女性の転職支援】トップページへ

◎この記事への皆さんのコメント
▽コメントを書く▽
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ヤル気が出ない(>_<)
Excerpt: うつ病による、1年半の休職を経て就職活動を始めるが、思いにまかせずに凹んだり、イライラしたりする毎日……… 理想の職場を求めています
Weblog: A heart of glass
Tracked: 2006-06-09 16:30

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。